撃沈日記

(ヽ´ω`)<SUBARU×ガイナックスの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』を観てくれ。

麺屋庄太

麺屋庄太@津久井浜 魚介らぁ麺(大盛)

前回の続き。

連食敢行。らぁ麺とはスープが別系統っぽい中華そば、それにつけ麺も気になりましたが……
食べたばかりで違いが分かり易そうなのと、さっきの濃厚スープが衝撃的に(゚д゚)ウマかったので表題のメニューを。

デフォと細麺で選べる麺、今度は細い方でお願いしました。

08_3
09 魚介らぁ麺(大盛)。
さっきのらぁ麺よりほんのり赤みがかった色合いのスープですね~。
上に載っている具は九条ネギ→白ネギ、板海苔→岩海苔と変化しています。

では改めて頂きます。まずはスープから一口……

……やっぱ美味しい(゚д゚*) なんかジャンク寄りになった?

12_2ベースに魚介がブレンドされた豚骨魚介スープ。
濃厚な豚骨の味に負けないほどに魚介系の味、風味が強く主張しており、非常にパンチのある味になっています。臭みなくここまで濃ゆい豚骨魚介は初体験(・∀・)
先ほど頂いたらぁ麺のスープも骨粉がすごかったですが、こちらは魚粉も加えられており、さらにざらついた舌触り。
あえて言えば若干味がうるさい気もしますが^^; 個人的にはこういう押せ押せなのもすごくスキ。
途中からは刻みタマネギ、柚子の風味も加わり、濃厚一直線な味わいの中で清涼感あるアクセントに。

くちっとした歯切れ。こちらも固めな茹で具合の細麺。11_3
通常の麺よりもしっかりとスープを拾ってきます。私的にはデフォの方が好みかな。

たっぷりと載った岩海苔は薫りがあり、魚介テイストな全体の雰囲気に調和しています。スープを吸ってふやけたのを麺に絡めてするすると。美味し。
ネギの使い分けとか相性考えられてるんだなー、ウマウマ……と食べ進み。

13 御馳走様でした。ダブル完飲してしまった……!
濃厚系にありがちな、食後まとわりつくようないやな油のしつこさも皆無。さすがに胃は重くなりましたが(^_^;) 
なかなか簡単に行ける場所ではないけれど、次来れたら中華そばのほうも頂きたい。

(定休)(限定看板)
12月の営業予定とか。 限定もやるのかー……いいなぁ

麺屋庄太@津久井浜 らぁ麺(大盛)

アクセス数急上昇したと思ったらツイッター経由だったでござるの巻。びっくりした。
ブログ更新報告とかからでも始めてみるべきなのかなー……と思う今日この頃。

宿題店が人気店になり、業界最高権威TRY認定「第13回ラーメン大賞」豚骨部門1位になっていた。だからどうしたって気もするけど(゚∀゚)
うん十キロほど愛車をとばし、行ってみましょう津久井浜。
もう数年伺っていない通り道の美味しい店を尻目に、ひたすら走り続ける……

(道路看板)案内看板ハケーン(゚∀゚) 1.9km先、津久井浜駅入口(『溶岩窯パン工房ブロートバウム』の角)で右折して駅方面へ入り、到着。   (看板)
車用の駐車場は離れに2台分。他、バイク・自転車用のロック式駐輪場(有料・自転車1時間のみ無料)が津久井浜駅前にあり。

麺屋庄太。11月頭に火災に遭われ、改装されたとのことです。
先客は5名。

券売機で表題のメニューと、だいぶ疲れていたのでチャーシューもぽちり。
他のトッピングにはほうれん草やキャベツ、のり、ライスといった家系ラーメンを彷彿とさせるものもちらほら。
麺大盛り、ライス、○得以外のトッピング一品が無料になる学生サービスもあるみたい。
また、麺は通常のものに加え、細麺も選択可能。

(卓上)卓上調味料は豊富。これまた家系っぽい^^
醤油、ラー油、酢、ミル入りペッパー、ゴマ、一味、おろしニンニク、豆板醤。生姜があれば完璧か

前客に続々と提供された後、熱いのでお気を付けてとのご注意とともにこちらにも。

01_3
02 らぁ麺(大盛)、チャーシュー。
頂きます。まずはスープから一口……アツアツ……

……(゚д゚)

……美味しい(*゚д゚) この時点で店内連食決定

06_4極めて骨太で力強く、コク深い濃厚豚骨スープ。
雑味、えぐみが殆どなく、洗練されきった非常に味わい深い逸品です。温度が下がり始めてもなお獣臭さはほぼ皆無。ドがつくほどの濃度を抽出しながらも、下品さが出る一歩手前のところで、巧く、丁寧にまとめられている印象。
強烈な旨味と濃い目の醤油で脳天直撃ガツーンΣ(゚д゚)ウマー、剛速球ど真ん中な美味しさ。
麺は横須賀ではおなじみ増田製麺の短い中太麺。05_3
デフォで固めの茹であがり。表面にハリがあり、粘度の高いスープを適度に持ち上げてきます。
量は大盛にして240gほどでしょうか?

ちなみに増田製麺所は横須賀にあるので、家系に限らず界隈で使用している店は多数。そういえば今でも小売やってるのかな……

03_2チャーシューは大判薄切りの柔らかいバラ。
厚いところは7~8ミリ程度あり、見た目以上に食べ応えがあります。美味美味。

斜め切りの九条ネギは適量で、濃厚スープとの相性は非常に良し。穂先メンマは柔らか。
海苔は終盤でスープを吸わせ、麺を巻いて食べるのがスキ。
麺を啜り終え、両手で丼を持ってグビグビ……

07御馳走様でした。
私的にはパーフェクトなスープ(*´Д`*)
しかし骨髄すごいですね^^  続く
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ