撃沈日記

(ヽ´ω`)<SUBARU×ガイナックスの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』を観てくれ。

閉店

麺屋翔丸@大久保 醤油チャーシューメン特盛

大久保で昼食。5月中旬閉店予定の麺屋翔丸。
これまで幾度となくお世話になりました。

01
醤油チャーシューメン、特盛。
特盛券は麺が1玉プラスされるので計3玉、350g+175g=525gとなります。さすがにボリュームあり。
頂きます。

ゼラチン質の張ったさらっとしたスープ、この日はやや豚骨が強めでしょうか。
鯖、鰹といった節系の旨味は濃密ながらも洗練された響き、えぐみ・雑味は殆ど感じられません。
以前の醤油スープは塩よりも若干攻撃的な印象があったのですが、今回は完璧なバランス。こんなに美味しかったのなら塩ばかりでなく、醤油も食べておけば良かったな(ヽ´ω`)……
ネギと水菜の清涼感、食感のアクセントも相性良し。

自家製のしなやかな中太ストレート麺はいつもながら最高に(*゚д゚*)ウマイ!
茹で加減も前回の油そばとは違う絶妙な具合。コシの豊かなむにむにっとした食感で、するっと啜れば活き活きと口内で踊るよう。
最後まで飽きることなどあり得ません(断言)。
大判のチャーシューはピンク色で柔らかく、こちらも絶品。焼かれた側面からくる香ばしさはつけ麺や油そばに入っている短冊切りのそれよりかは控えめ。

汗をかきながらも完飲は必至……
別にラストだからというわけでなく、ここでスープを完飲しない日はありませんでした……ホント

御馳走様でした。


麺、スープ、具の1つ1つ、どれを取っても素晴らしく美味しいラーメンでした。
今まで本当に有難うございました<m(__)m>

代田橋大勝軒@代田橋 チャーシュウ麺大盛

(代田橋看板)
代田橋大勝軒。長らくの宿題店だったのですが、4月30日をもって閉店されると聞き、慌てての訪問。

にわか雨が降り出してしばらく、13時過ぎに到着したときには外待ちは6人。スーツ姿の男性が中心です。
タイミングよく奥のテーブル席が空いたこともあり、5分後には入店できました。
自分はちょうど1席だけ空いたカウンターへ。

(代田橋大勝軒おひや)座るとすぐにお冷が。ありがたや。

(代田橋大勝軒メニュー)(代田橋大勝軒メニュー2)
メニュー。一瞬悩んだ後、チャーシュウ麺を大盛でオーダー。ワンタン入れても良かったかもしれない
普通のラーメンのオーダーが厨房に「おそば」と通されるのは永福町などと同様ですね。

(卓上)卓上調味料は醤油、白コショー、黒コショー、酢、ラー油と豊富。なんだか餃子を頼みたくなります。隣の女性が頼まれていた半餃子はもっちりしてそうでそれは美味そうでした( ´Д`)……

ラーメンは銀のトレーに乗せられて運ばれてきます。

02_
03チャーシュウ麺、大盛。素敵な盛りです(´∀`*)

04_具はチャーシュウ4枚とメンマ、海苔、ネギ。
山頂部にちょこんと乗ったハーフカットのゆで卵。

05
カエシは控えめで柔らかい口当たり、ラードも少なめ、煮干出汁は適度。とても優しい味わいのあっさりとしたスープです。動物系とのバランスもよく、好み。
浮いている黄色い柚子皮片(撮り忘れました^^)を口に入れると、ふっとさわやかな香りが通り抜けていきます。

モモ肉と思われるチャーシュウはピンク色、薄切りながら食べごたえもあり、美味。

06
麺は永福町系で使われている草村商店の麺とは全然違いますね~(大栄食品)。
あちらより縮れが弱く粉っぽい感じです。ぷつっとした歯切れの細麺は心地いい啜り心地。

麺の山はみっちりと高密度で詰まっております。スープと麺を少し食べた後ほぐすと、丼いっぱいに麺が展開。最初から下手にほぐすとスープが溢れてしまいそうです^^; 麺がほぐされず提供されるのはもしかして決壊を防ぐためでは……?

麺が細いこともあって、ボリューム感はかなりのもの。400g超はあった気がします。
ずっと啜っていたいかも……と思いながらつるつると。

08御馳走様でした。優しいスープも完飲するとさすがに舌がひりつきますね(^^;
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ