撃沈日記

(ヽ´ω`)<SUBARU×ガイナックスの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』を観てくれ。

生姜

ラーメン二郎 環七新代田店 大ラーメン

(看板)生姜。生姜。
続きを読む

ラーメン二郎 中山駅前店 大ラーメン豚入 刻み生姜

今日は珍しくオフだけど行きやすい横浜関内店はお休み。
もっとも二郎は昨日荻窪で食べたばかりだったので(後日記事にします^o^)久しぶりにゆっくりしようかと思ったら 

『今日、朝生姜を買いすぎちゃいまして、、、
ということで本日、トッピング刻み生姜やります。』 

中山から限定のメールキタ。


120516(看板)

3月の初めに伺って以来、2度目の訪問です。

限定の日でしたが、平日&昼の部終了間際だったためか待ちは店内のみ。
生姜を頼んでいる人も少ないようです。 豚入りは残ってた(゚∀゚) 

自分の後ろには家族連れの方達が並びました。小さな子どもを抱いた夫婦です。
地元の方でしょうか。以前も家族連れの方が来ていましたが……

地元の方にも愛されているのでしょうね( ´∀`)


以前来た時は他にもネパール系の男三人組がカタコトで「ニンニク?」「ニンニク、ガーリック」「ウンウン」と確認しあい、その後「ニンニク、スクナメ デ」と頼んでいたのがひどく印象に残っています。


並び中に食券提示。「麺増し油少な目でお願いします」……いつもながら変な注文です。周りの視線が痛いです。
席が空き、最奥に案内されます。スペースは広いけれど他席に比べだいぶ暗く、他の客からは見えない端の席……日蔭者としては異常に良い居心地(・∀・)
1ロット8杯中、自分以外全員小…… これまた前回と同じです。
厨房を覗き見ると自分だけ白い丼なので、どのくらい盛られているかが見えます。

コールタイム。
「ニンニク入れますか~?」
「ニンニクと野菜両方マシマシで、あとカ」え、そこからまだ麺盛るんですか(^_^;) 「――ラメと生姜お願いします」

12051601-1

12051602-1
大ラーメン豚入。
コール:にんにくマシマシ野菜マシマシカラメ生姜
特殊オーダー:油少な目 

麺の丼もスープ決壊防止のため2重になりました。洗い物まで増やしてしまっているようでなんだか申し訳ないです……つくづく感謝m(__)m

さて頂きましょう。
まず麺の一番上をば……味がしない素材の味がします。麦。カエシをかけて頂いている部分は良いのですが、この食べ方はいけませんね…… 
これはこれで味わいがあって面白いです。ヽ(  ´ Д `)ノ ムギー!!

ひとまず野菜を3分の1程もさもさと食べ(しんなりしてて地味に冷たい……(´・ω・`))、熱々の麺をスープから引き摺り出して野菜丼側に移動。
麺が伸びるのを防止するテクニック!として「天地返し」がよく言われますが、今回は返す天地がない故(゚∀゚)アヒャヒャ

自分はそもそも天地返し自体不器用なのでやりませんが……上(野菜)から順に食べる派です。

また、麺は灼熱。 恐ろしく喉越しの良い 、にゅるにゅると入ってゆく麺なのでうっかり勢いよく啜り込むと喉をヤケドします(やりました)。
野菜と合わせてちょうど適温にしてから、まとめて頂くと良い感じです。

血糖値の急上昇防止的にも(・∀・)イイ?

12051604-1

限定トッピングの刻み生姜。 小金井にも有料トッピングにありますね。
若干乳化寄りのスープ、細めの麺と相まり、これまた非常に小金井チックな印象。
スープはもちろん麺や豚と絡ませても相性バッチリ。ピンポイントで効き、爽やかな味わいに変わります。

12051603-1

豚。端っこ(゚∀゚)キター
全体的に大判かつ厚めのカット。脂身は少なく、赤身が8割なので肉質もしっかりしています。
赤身派としては堪りません。サクっとした食感。

前回の印象はあまり良くなかったのですが……量もいまいちかつ薄切りのハムみたいな豚に当たりまして……


黙々と食べ進みながらふと周りを眺めてみる。

すぐ隣のチラ見兄さんは固形脂をテーブルに溢しながらそそくさとトイレに移動。 
一方で、子どもを抱いていたご夫婦は「おいしいね~」と笑いあいながら野菜の山を食べています。

いや和んだ( *´∀`) 

終盤はだいぶデロってきた麺を、 噛み切れないちょっと固い脂身とセットでしゅるると一息に。

12051606-1

御馳走様でした。思ったよりかキツかった……7~800gくらい?
麺は言わずもがな、野菜が多かったように思えます。
しっかり熱が通されて嵩(水分)が減り、密度が高まった野菜は、より多く感じられるってことなんでしょうかね~……

正直前回は量、質共にいまいちな部分が多かったのですが、今回は以前の悪い印象が払拭されました。
次来られるのはいつになるのだろう……



120516(すり鉢)

いつか会いたい高嶺の花。
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ