撃沈日記

(ヽ´ω`)<SUBARU×ガイナックスの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』を観てくれ。

杉並区

代田橋大勝軒@代田橋 チャーシュウ麺大盛

(代田橋看板)
代田橋大勝軒。長らくの宿題店だったのですが、4月30日をもって閉店されると聞き、慌てての訪問。

にわか雨が降り出してしばらく、13時過ぎに到着したときには外待ちは6人。スーツ姿の男性が中心です。
タイミングよく奥のテーブル席が空いたこともあり、5分後には入店できました。
自分はちょうど1席だけ空いたカウンターへ。

(代田橋大勝軒おひや)座るとすぐにお冷が。ありがたや。

(代田橋大勝軒メニュー)(代田橋大勝軒メニュー2)
メニュー。一瞬悩んだ後、チャーシュウ麺を大盛でオーダー。ワンタン入れても良かったかもしれない
普通のラーメンのオーダーが厨房に「おそば」と通されるのは永福町などと同様ですね。

(卓上)卓上調味料は醤油、白コショー、黒コショー、酢、ラー油と豊富。なんだか餃子を頼みたくなります。隣の女性が頼まれていた半餃子はもっちりしてそうでそれは美味そうでした( ´Д`)……

ラーメンは銀のトレーに乗せられて運ばれてきます。

02_
03チャーシュウ麺、大盛。素敵な盛りです(´∀`*)

04_具はチャーシュウ4枚とメンマ、海苔、ネギ。
山頂部にちょこんと乗ったハーフカットのゆで卵。

05
カエシは控えめで柔らかい口当たり、ラードも少なめ、煮干出汁は適度。とても優しい味わいのあっさりとしたスープです。動物系とのバランスもよく、好み。
浮いている黄色い柚子皮片(撮り忘れました^^)を口に入れると、ふっとさわやかな香りが通り抜けていきます。

モモ肉と思われるチャーシュウはピンク色、薄切りながら食べごたえもあり、美味。

06
麺は永福町系で使われている草村商店の麺とは全然違いますね~(大栄食品)。
あちらより縮れが弱く粉っぽい感じです。ぷつっとした歯切れの細麺は心地いい啜り心地。

麺の山はみっちりと高密度で詰まっております。スープと麺を少し食べた後ほぐすと、丼いっぱいに麺が展開。最初から下手にほぐすとスープが溢れてしまいそうです^^; 麺がほぐされず提供されるのはもしかして決壊を防ぐためでは……?

麺が細いこともあって、ボリューム感はかなりのもの。400g超はあった気がします。
ずっと啜っていたいかも……と思いながらつるつると。

08御馳走様でした。優しいスープも完飲するとさすがに舌がひりつきますね(^^;

RAMEN CIQUE@阿佐ヶ谷 塩ラーメン大盛

(看板)

荻窪からの連食。 青梅海道沿いを徒歩徒歩……

RAMEN CIQUE。食べログのラーメンランキングでは最上位店の一つですね~。
行きやすい場所なので以前は時おり伺っていましたが、およそ1年ぶりの再訪です。
一見ラーメン屋だとは分からない外観、 オシャレなロゴの看板。
店内木張りの床は艶やか。白をベースとしたレンガ模様の壁紙、淡いオレンジのスポットライトが広々としたスペースに柔らかい雰囲気を作り上げています。
壁際のウェイティングシートは黒いソファ。上着掛け用のハンガー。荷物カゴ。
……だいたいの人は美容院っぽいという印象を抱く(゚∀゚) 見事な空間作り。

入店して右手の券売機で食券購入。タイミング良く空席あり! 数分後には後ろに待ちが……
ランチタイムは麺大盛サービス。もちろんお願いします。

(卓上調味料)卓上は一味唐辛子、おろしニンニク、柚子胡椒、ブラックペッパー。

01-2

02-3

塩ラーメン、大盛。白味玉、焼きトマト。 こちらで塩を頂くときは必ず味玉と焼きトマトを付けてしまう…… 
(ごく私的には)正直ネギとコーンがトッピングでは地雷だと思ふ 

端正なビジュアル(´∀`)……頂きます。

07

透明感ある塩スープは鶏油のこってり感は控えめに、あっさりと滋味深いもの 。
動物、乾物&野菜、魚介の旨みはいずれも主張しすぎることなく調和し、 じんわりと広がります。
つくづく美味しい……(*´Д`)

06-2

麺は全粒粉配合の中細麺。ほどよい柔らかさに茹でられています。 
軽く縮れが入っており、啜り心地、風味ともに良好。

0304

焼きトマトは水分がほどよく飛ばされ、旨味がぎゅっと凝縮された逸品。提供直前にはオーブンレンジで温められております。
そのまま食べても、じゅわっとスープに溶かしこんでも(゚д゚)ウマイ 
甘さと酸味が洋風っぽさを引き立てます。¥150も惜しくない

細メンマはクリクリとした食感。白髪ネギ、ほうれん草、海苔は普通ですが、いずれも麺、スープにマッチしています。
焼き麩……スープに浸すとふわふわ面白い^^

0508-3

チャーシューは薄めですが、自然と崩れるくらい柔らかな肩ロース。絶品。
白味玉はほんのり塩味がついております。ふに……と柔らか、割ると黄身がとろりとこぼれ出したり。
今回は白身もごく一部固まっておらず、温玉と茹で卵のちょうど中間くらい。
冷えておらず温かなのも個人的には高ポイント^^ 

終盤で柚子胡椒をごく少量投入。爽やかな風味と鮮烈な刺激はこの上ないアクセント、相性も抜群。
最後までつるつるっと美味しく。

もちろんスープも完飲して、御馳走様でした。久しぶりだからか余計美味く感じました (´▽`)

あんまり行かないけど清湯塩では一番スキ。醤油も頂きたくなります…… 
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ