撃沈日記

(ヽ´ω`)<マイペースで更新

杉並区

RAMEN CIQUE@阿佐ヶ谷 塩ラーメン大盛

(看板)

荻窪からの連食。 青梅海道沿いを徒歩徒歩……

RAMEN CIQUE。食べログのラーメンランキングでは最上位店の一つですね~。
行きやすい場所なので以前は時おり伺っていましたが、およそ1年ぶりの再訪です。
一見ラーメン屋だとは分からない外観、 オシャレなロゴの看板。
店内木張りの床は艶やか。白をベースとしたレンガ模様の壁紙、淡いオレンジのスポットライトが広々としたスペースに柔らかい雰囲気を作り上げています。
壁際のウェイティングシートは黒いソファ。上着掛け用のハンガー。荷物カゴ。
……だいたいの人は美容院っぽいという印象を抱く(゚∀゚) 見事な空間作り。

入店して右手の券売機で食券購入。タイミング良く空席あり! 数分後には後ろに待ちが……
ランチタイムは麺大盛サービス。もちろんお願いします。

(卓上調味料)卓上は一味唐辛子、おろしニンニク、柚子胡椒、ブラックペッパー。

01-2

02-3

塩ラーメン、大盛。白味玉、焼きトマト。 こちらで塩を頂くときは必ず味玉と焼きトマトを付けてしまう…… 
(ごく私的には)正直ネギとコーンがトッピングでは地雷だと思ふ 

端正なビジュアル(´∀`)……頂きます。

07

透明感ある塩スープは鶏油のこってり感は控えめに、あっさりと滋味深いもの 。
動物、乾物&野菜、魚介の旨みはいずれも主張しすぎることなく調和し、 じんわりと広がります。
つくづく美味しい……(*´Д`)

06-2

麺は全粒粉配合の中細麺。ほどよい柔らかさに茹でられています。 
軽く縮れが入っており、啜り心地、風味ともに良好。

0304

焼きトマトは水分がほどよく飛ばされ、旨味がぎゅっと凝縮された逸品。提供直前にはオーブンレンジで温められております。
そのまま食べても、じゅわっとスープに溶かしこんでも(゚д゚)ウマイ 
甘さと酸味が洋風っぽさを引き立てます。¥150も惜しくない

細メンマはクリクリとした食感。白髪ネギ、ほうれん草、海苔は普通ですが、いずれも麺、スープにマッチしています。
焼き麩……スープに浸すとふわふわ面白い^^

0508-3

チャーシューは薄めですが、自然と崩れるくらい柔らかな肩ロース。絶品。
白味玉はほんのり塩味がついております。ふに……と柔らか、割ると黄身がとろりとこぼれ出したり。
今回は白身もごく一部固まっておらず、温玉と茹で卵のちょうど中間くらい。
冷えておらず温かなのも個人的には高ポイント^^ 

終盤で柚子胡椒をごく少量投入。爽やかな風味と鮮烈な刺激はこの上ないアクセント、相性も抜群。
最後までつるつるっと美味しく。

もちろんスープも完飲して、御馳走様でした。久しぶりだからか余計美味く感じました (´▽`)

あんまり行かないけど清湯塩では一番スキ。醤油も頂きたくなります…… 

麺処那奈@荻窪 塩ラーメン大盛

ジャンク舌による端麗塩ラーメン探訪。 我ながらかなり悪質だなこのシリーズ……(´-`)

荻窪駅で気になる新店へ。
二郎は先日行ったばかりなのでスルー^^、南口から逆方面の環八方面へ出てやや南下……

121017(那奈外観)121017(那奈看板)

左手に見えてくるお店が、今月初めにオープンされた『麺処那奈』さん。
東十条『ほん田』出身とのことです。本店にはブログ始める前を含めても未訪。最近ラーストのほん田には行きましたが……

店外に設置されている券売機で食券を購入してから入店する方式。

121017(那奈能書き)121017(券売機)

商品説明&券売機。

121017(麺量)

麺量。随所が不思議な価格&メニュー設定に色々と考えてしまったり^^;
塩ラーメンと大盛の食券を注文。当初は特大の予定だったりした^^

到着時先客は4人、自分が入店した後3人が退店し、食べている最中に中年のご夫婦が入店。
昼過ぎだったので常時空席はありましたが、コンスタントにお客は入っているもようです。

眺めながら待ち……レードルで丼に2杯の油、2杯の塩ダレを入れた後、スープで割っておられます。
テボ茹での麺をあげ、3~4回軽く振り、最後に1回大きく振り上げる印象的な湯切りの後、丼に投入。自分の分は大盛なので、テボ2つ。
仕上げにスープ表面へとレードルで油を回しかけ、各種具を載せて完成。

12101701

12101702

塩ラーメン、大盛。丼でかい(・∀・)
ではでは頂きます。

12101704

綺麗な黄金色のスープは説明通り^^の鶏塩×ホタテなテイスト。 出汁のふくよかな旨味の上に多めの鶏油がどんと乗っかり、味はあっさりとしていながらも、全体としてはけっこう重めな仕上がり。
魚介や節系の類はチラつかず、丸みある鶏のコクとホタテの味が前面に押し出されています。
ふりかけられた赤い粉からはほんのり漂う甲殻風味。ごく少量なので味にはさほど影響しませんが、センス良い仕事をなされているな~とか思ったり( ´∀`) 

12101705

極細でびよんと強く縮れた麺はやや加水低め、啜り心地の良さ、しなやかさには欠けている印象。めっちゃ絡まってる^^;
量に合わせて固めに上げたのでしょうか?  固茹でで微かに粉っぽささえあるくちっとした歯触り。 一方で短時間のうちにダレていく傾向も見られ……
特盛440gは伸びるから止めたとのことですが、なるほど納得です。私的にはちょっと口に合わない(´・ω・`)……

12101703

低温調理のチャーシューは薄切りスライスで、見事な真ピンクのロース。
非常に柔らかく旨味もありますが、数分も経たないうちにスープに浸かっていた側の面は熱が通って普通の茶色に^^; 食感も変わってくるので、これはささっと食べてしまうが良かと思われます。

具の海苔、小さなメンマは凡庸。水菜はしゃきしゃき感がありアクセントにはなりますが、輪切りのネギが相性良かったので特になくてもいいような?ポジション被ってるし^^;

つるつると頂きつつ、後の方はやや重くなってくる胃( ´Д`)……
でもなんだかんだでスープまで飲み、御馳走様でした。

ん~個人的にはピンとこない一杯。醤油の方がうまくまとまってそう

ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ