(外観)さむい~さむい~と唸りながら、駅からそこそこ歩くこちらへ。
4月には夢の国方面に移り住むことになっているので、食べていないメニューを押さえとこうと。
前回はラーメンだったので今回は汁なし。大の豚入りは券売機になかったので、直接店主さんに豚入りの可否を訊きます。OKとのことで、100円玉を食券に添えてカウンターへ。

01
02
汁なしブタ(大)、味玉<m(__)m>
コールは野菜多めニンニク。頂きます。茹でたて野菜はちょいクタ寄り、背脂とゴマ少量がかかってます。好み。
豚がすこし冷たいので底に沈めておいて、

04
代わりに麺を引っ張り出す。カエシに色濃く染まっております。
啜ってみればむちむちでコシが強く、麦の風味も芳醇。香ばしいタレに負けないぞ。
汁なしだけど汁があるの法則にならい(どんな法則だよ)、タレ自体の量は多め、汁少なめって感じです。思ったよりも醤油がダイレクトに響く、しょっぱめの味わい。
卵黄を崩して絡め合わせるとイイ塩梅にまとまります。背脂がクセになる。ウマ。

03
豚はバラ肉。柔らかく、口の中でホクっといくやつ。
薄味ながらウマ。ニンニクとタレが絡んでよりウマ。

05
終盤は卓上調味料から、魚粉&一味唐辛子をチョイス。自家製ラー油は2つ隣の席のおっさんがキープしてて使えんかった(^o^)
甘味の少ない味だから、とくに魚粉が合う。和。

06ごちそうさまでした。