(外観2)
鶴見二郎の跡地だったということで。

(外観)JR鶴見駅からはけっこう距離ありますね……
京急の生麦駅が最寄り駅となっています。
土曜の14時少し前、店内客3人。

メニューは700円のラーメン(麺量約300g)と+50円での汁なし、+100円の豚入り、+200円の大盛り(麺量約600g)。
-50円でミニラーメン(麺量約200g)にもできます。
トッピングメニューは生玉子50円と味玉100円、もみ海苔100円。
缶ビール350円。領収書、プライスレス。

表題のメニュー(900円)をぽちり。券売機にはないけど、大で豚増しってできるんだろうか……
食券確認時、量多いですけどと確認されますが無問題。髭ちゃんに比べれば

卓上調味料はブラックペッパー、醤油、魚粉、自家製ラー油。

待っていると、家族連れに対して子供取り分け用の器を出そうか打診していたり、薄めてくれと頼むおじさんに対応したりと心遣いにあふれる接客が見られました。ほっこり。

01
02正油(大)、味玉。
コールはヤサイニンニク多め。頂きます。野菜はもやしが透き通るくらいのクタ寄り。なんか香りが良い。ウマ。

04
麺は固めの茹で具合、ホキっと芯が残っており、小麦がギュッと詰まっているよう。ズバズバいけます。
カエシの効いたスープを吸い、細かい背脂が絡みつき、麺の味が引き立ちます。ウマウマ。

ライトな非乳化スープにはほのかな酸味が感じられますが、これがイヤじゃない。むしろイイ。
あとを引いてクセになる味。旨味は若干弱いかも。

03
巻かれた豚は小ぶりながら、柔らかくジュワっとウマ。

05Lサイズの半熟味玉もイイカンジ。

06
魚粉&ラー油投下。とても合う。元がライトだからか、屋台骨にカチっと組みこまれる。

07さくっとごちそうさまでした。次回は汁なし(大)で。
そういえば、メルマガ始めたみたいですよ。