(店舗外観)
YaRaKaSITeI。
この日は山手駅から徒歩徒歩。けっこう歩きます。2kmくらい。ちなみに途中の道のりからさらに足を伸ばせば二郎にニラキムチを卸している野山商店に行けたりする。
お店の前まで来るといいにおいが。期待マシマシ。入店。にこやかなご主人と若女将さんで営業されております。

(券売機)券売機にはラーメンとブタ、ブタダブルの他、汁なしもあります。他、有料トッピングに味玉・温玉・生玉子。飲み物はビールにノンアルコール。お土産にチャーシュー。お子様用のラーメンまで。接客も非常に気持ちの良い感じですが(エラソウですね<(_ _;)>)、それ以外の面でもホスピタリティの良さを感じられますね。
ラーメンにする予定でしたがふと店内に視線をやると、卓上調味料の中に愛しのあれが。汁なしをぽちり。
こちらまで食券を受け取りに来た女将さんに豚を増やせるか訊くと大丈夫とのことなので、100円玉を2枚添えてダブルでお願いします。

(お渡し口)
お渡し口。できあがり次第呼ばれ、ここで受け取ります。食堂みたい。

(ニンニク)(野菜)
トッピングはセルフサービス。野菜を好きなだけ山盛る、ニンニクを添える、唐辛子をふる。ご自由にやらかしちゃってくださいとのこと。

01
ビフォー。

02
03アフター。大ダブル、汁なし。セルフニンニクヤサイ。
ネットにはびこる邪神みたいな画を期待した人はジャンク盛りで検索すると幸せになれると思います。
頂きます。野菜は温めのクタ。これはタイミングによりそうね。水分が出る前にわっさわっさと頂きます。我ながらどうかと思わないでもない一幕

05
04元の状態に近づきました。

06
11厚み1.5センチほどの分厚い豚。ダブルで8枚とボリューム満点、ちょっぴり水分抜けぎみですが柔らかく、また見た目より味が染みており、ウマ。量・味・価格で直系にひけをとらないコストパフォーマンスの高さです。

07
麺は断面四角のストレート。二郎系としては細めの太麺、やや加水の低い大勝軒(よりは太いか)みたいな印象。柔らか目なのは麺に到着するのが遅かったから。
タレをよく吸いアブラがよく絡み、まろやかで尖りない味。デフォルトで載っている温玉を絡めてさらにウマ。

08
大だと麺量もけっこうあります。

09
さて、そろそろ卓上調味料を使いましょう。

(卓上)醤油ダレ、黒コショー、唐辛子、酢、そして期間限定無料トッピング第10弾!! 粉チーズ(゚∀゚)!!

10醤油のエッジが控えめな分、関内などの汁なしよりも洋風のカルボナーラ寄りになりました。ハズレようがないお味。ウマ。終盤に少量入れたお酢も意外とイケル。

12ごちそうさまでした。次来たらラーメンのスープを味わってみたい。