本日より15日の土曜日まで「エビ汁なし」を販売します。


『限定』の食券をお買い求めください。


ミニ750円、小800円、大900円です。


あくまで店スタッフ側の意見ですが、野菜マシやアブラのトッピングはおすすめしません。エビとタレと麺をよくからめて、お好みでニンニクを少し入れるといいと思います。スープ割もできます。


来週は別バージョンの汁なしの販売を予定しています。


よろしければお試しください。


蓮爾登戸店
(メルマガより抜粋)
半年ぶりに伺ってまいりました蓮爾。直系含めても二郎系では5本の指に入るくらい好きなお店です。営業時間とアクセスの都合がよかったら大変なことになってたと思う。体重が。
昨年春の汁なしは個人的にもんどりうつほど大ヒットだったのですが、えび系メニューはクセの強さがちょっと気になるところもあり。期待と不安を入り混じらせながら登戸駅から徒歩徒歩。

(ニンニクだけがいいよ)券売機の横にも限定メニューの貼り紙があり、メルマガ同様ヤサイマシ・アブラトッピングは非推奨の旨が書かれております。
限定(900円)の食券を買って助手さんに提出。麺量は800gでお願いしました<m(__)m>最近1㌔は厳しいカンジ
釣り銭の100円でうずらも注文。

あ、箸が割り箸から塗り箸になってる……

01
えび汁なし、大(800g)。コールはニンニクでお願いしました。
頂きます。野菜はちょいシャキな茹で具合でフレッシュ。

02
海老ペーストは麺の上。ぷわんと香ばしい匂いが漂ってきます。全体によく混ぜて頂いていきましょう。

04
麺はこちらにしてはわりと柔らかく茹でられており(でも十分固い)、ちょうどいいごわむち感。
丼の底から麺ごとタレを引っ張り上げ、もぐもぐと食らっていきます。蓮爾独特の甘辛く豚がとけたような味わいは汁なしになっても健在。麺、タレ、海老の味がそれぞれ強く主張しながら、でもケンカはせず、非常にインパクトの大きいウマさ。懸念されたクセもさほどなく、ウマウマ。

03
大きくふんわり柔らかジューシー、言うことなしの豚。肉汁と旨味がやばい。ウマウマ。

05スープ割の注文も一瞬考えましたが、残ったタレの油層を見て我に返って思いとどまる。さくっと美味しくごちそうさまでした。