(店舗外観)天皇誕生日に頂いたものの記録。

明日12/23は牛骨を使っての営業となります
と言っても二郎の場合、最終的にアブラが勝つ
のですが、前回の反省点をふまえ、
もう一度トライしてみます。


と書かれた貼り紙の画像を22日の夜、当ブログともリンクさせて頂いているニカタツBLOG様のツイッターで目にし、訪問した次第です。
来店時、店内空席2。塩ラーメンとブタ追加の食券をぽちぽち。
レフト側の席へ。それらしき貼り紙は見当たりません。明日やるって表記のを残しとくわけもないか

ロットは6杯、自分以外は全員醤油(;´-`)

01
02塩ラーメン、ブタ追加、とうがらし輪切り。
コールはお願いします。頂きます。野菜はぎゅむっとした食感。しゃき寄り。
続いて麺とスープをするする。ふむふむなるほど、わからん。
なにぶん経験値が低いもので (ノ∀`)……しかし味に劇的な違いはありません。いつもの味の延長線上。
個人的には上ブレといった印象です。ウマウマ。久しぶりに食べたからか?

背脂は心なしか少な目で、スープ自体の口当たりはいつにもまして優しい印象。
あっさりとしていながら旨味には奥行きがあり(←このへんに牛いるかも)、普段より若干強めな塩気、白い粉もあいまって吸引力のある味わい。
味が尖ってしまいそうなところをほの甘く風味の良い油(←このへんにも牛いるかも)がまろやかに調和させております。

ゴマ油漬けの生唐辛子がもたらす別種のコク、ピリっとした刺激も相性抜群。
醤油だとどうなったんだろう……ライトな上に醤油が立ったら……?

04
麺は断面四角でうねりのあるもの。若干柔らかい表面から始まり、内側にかけてはむちっとしたコシのある食感。ウマウマ。

03
赤身主体の豚は表面しっとり中ややパサ。

05
スープはほのかに赤みがかっていて油玉の張りも微妙に違う……
……ような気もするのですが、なんかこれは生唐辛子由来な気もするぞ。
さっぱりとした鮮やかな後味、あとを引く豊かなコク。完飲したいがガマン。昼カレー食べた。

06ごちそうさまでした。

調べてみたところ20日にもやってたらしい? またやるのでしょうか……期待