8月、改装してすぐに伺ったときの記録。

 01
02大ぶた入り、ふりふりカレー。
麺は固め。コールはニンニクヤサイでお願いしました。

04ふりふりカレーは別皿で提供されました。以前は丼に直接投下されておりましたが、タイミングによって違うのかな? 個人的にはありがたいっす。

頂きます。野菜はもやし主体でクタ手前。好み。

03
豚はわりと厚みのある4枚+コロチャー。
サクっと歯で切れる赤身肉は味付け薄め、旨味は残っておりウマ。

非乳化スープはストレートな豚の香味がふんわりと口に残る、なんとなくクラシカルな味わい。
出汁がきっちり出ており、しみじみしちゃうウマさです。
今日の油層はいつかよりもだいぶ控えめな気がします。とても好み。

05
そのままでもウマいスープですがカレーで化粧しちゃいます。絶対的テイストに変貌。ウマウマ。
麺はシコシコとした歯触り、縮れが啜っていて心地よく。 

ついついスープを飲んでしまいますが、途中で切り上げ……

06ごちそうさまでした。