大鳴門橋開通記念日に頂いた記録。
ほとんど土曜日にしか来られないのがつらいところですが、時おり無性に食べたくなるこちら。

到着時、待ちは店外に2人。店内待ち椅子合わせて5人。

暑いのでつけ麺。

01
04たま大つけ麺(1100g)<m(__)m>うずら。
コールはニンニクでお願いしました。頂きます。

03まずクタクタのお野菜から。好み。

02
魚粉が溶かしこまれたつけ汁には、豚と少量のタマネギがぷかぷか浮いております。
強烈な豚の旨味に満ちた高濃度スープと魚粉の組み合わせはパンチ力抜群。合間に挟まる生タマネギのしゃっきり食感、清涼感が素敵なアクセント。相性ばっちりでウマウマ。タマネギも少し欲しい気もするけどこの量でいいのかもしれない

05
癒し系褐色うずら( ´∀`)ウマー

縮れは普段より弱めなごんぶと麺、水で〆られたからかいっそう強くごわついております。
麺の温度はさんこまのように生温くはなく、府中二郎ほどキンキンに冷えてもおらず。 
長いので少しだけつけ汁につけて啜る、というのは難しく……まとめて汁に放り込むようなスタイルで食べ進みます。そして残り半分を待たずして冷めるつけ汁。それでも美味しい。不思議。

06
 豚は繊維に沿ってほぐれるジューシーなもの。いつもながらウマ。

暑さで汗が噴き出すということもなくスイスイっと。

07ごちそうさまでした。