撃沈日記

(ヽ´ω`)<SUBARU×ガイナックスの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』を観てくれ。

2013年03月

蓮爾 登戸店 汁なし 大(1200g)

汁なしに舌鼓を打った2日後。再び引き寄せられるように蓮爾へ向かっておりました。

(券売機)店内の待ち椅子に座り、空き席に案内されるのを待ちます。券売機ホント立派になったなー
汁なしの注文率は低め。両隣の方はつけ麺でした。

味薄かったら言ってくださいとの言葉とともに提供。

01
02汁なし大(1200g)、うずら<m(__)m>
ニンニクヤサイ。いつか1000gをお願いしたときとさほどビジュアルは変わりなく見えます。
汁なしなのでラーメンより麺がぎっちり詰まってる?
おとといより海苔が多めでちょっと嬉しい(・∀・) 頂きます。

04野菜の下にはフライドガーリック。こちらも麺量に比例してタプーリ(´∀`)
さて、味自体の感想はぶっちゃけ前回と同じ^^
あえて言えばブラックペッパーをはじめ、気持ち味が薄めかも。でもこれは麺量があるから。よりダイレクトに麺の味わいが響いてくれています。
油でぬるつく麺も、箸で掴みづらいということはなく。もぐもぐと貪ります。

食べている途中にも店主さんより味大丈夫? とお声が。
大丈夫すぎて箸が止まりませんよ(^o^) 親切に有難うございます<(__)>

05
2塊の豚の1つはとろける柔らかさ、もう一方も脂身多めでジューシー。

06あまり混ぜなかったこともあり、中盤からはだんだん味が濃くなってきます。加速するジャンク、味のコントラストを楽しみ……

しかし……気が狂いそうな美味さだ……向かいの脳神経外科で看てもらおうか

07ご馳走様でした。
自分の好みにどストライクなんですよね、この汁なし……またやってほしいものです。



(店前)限定最終日(のちに期間延長したみたいですが)の土曜日ですが、退店時には外待ちなし。びっくり。

ラーメン二郎 横浜関内店 大小ぶたダブル

教訓:軽々しくヤサイマシマシなどと唱えてはならない

01_
02大小ぶたダブル<m(__)m>ニラキムチ。
ヤサイマシマシニンニクカラメ。その精悍なマシマシは新たなステージへ。

すり鉢にこの野菜盛りはちょっときつい予感……頂きます。
まずはもやし率高めの野菜をもぎゅもぎゅと食べ進み。甘うま。多。カラメは正解。

03
野菜の山に沿って並べられた豚はしっかりとした食感で厚みもあります。端豚ショッパ(゚д゚)ウマー
甘みの強いスープに沈め、温めてから、ニンニク、ニラキムチと合わせて。麺の合間に頂いていきます。

04_
麺はぷりぷりでハリがあり、啜り心地抜群。ここのところ再びコシが強くなってきているような?

食べ進めているうちにニラキムチがスープにじわじわと溶け込んできます。
キムチな主張激しい終盤、野菜に麺と胃は重く……( ;´Д`) 今思えばホワイトペッパーをかけてもよかったかも

05やや時間をかけての御馳走様でした<(_ _)>
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ