撃沈日記

(ヽ´ω`)<マイペースで更新

2012年07月

鶏とふじ@阿佐ヶ谷 HOTまぜそば大

腹が減ったらうちにこい! はい。

120713(鶏とふじ外観)

ということで鶏とふじ。昂神角ふじの頃からちょくちょく伺っておりますが、ここしばらくご無沙汰しておりました。
時間の都合が合い、気になるメニューを頼むべく訪問。

120706(鶏とふじ自販機)

150円の黒烏龍茶が嬉しい^^

お昼過ぎですが店内は7割ほどの埋まり具合、眼鏡の店主様一人で回されております(しばらくして女性助手の方も)。前より痩せた?
着席し表題の食券を提出。同時に麺柔らかめと辛さの増量、野菜の本増し(1.6kg)をお願いします。
「残すことはできませんが大丈夫ですか?」との確認。「大丈夫です」多分^^

待っている間は調理工程を眺めます。
丼にはカエシ、網杓子で寸銅から掬った背脂を2回分、少量のスープを加え、軽く混ぜてタレが完成。
そこにテボから湯切りを終えた麺が移され、チャチャっと混ぜ込まれます。
あとは上に様々な具を載せて完成。
野菜丼から渡され、ついで麺丼が提供されました。

12071301-2

12071302

HOTまぜそば、大。
コールは多めにお願いしますとのことで、にんにく多め。
野菜は本増しということで立派な盛りですが、丼が小さい^^; なんとも肩すかしをくらいます。どう考えても1.6kgはないと思ふ

さっそく山盛りの野菜から。これがとんでもなく熱い。ハフハフと頂きます。
最初はしゃきしゃき感を僅かに残す良い茹で具合の歯応えですが、多めにかけられた醤油と熱さによって水分が出るのも早く、半分食べた頃にはしんなりとし始めます。
これはこれでまた美味しい。終盤は溜まった醤油に浮いているもやしを拾う感じとなり、だいぶ濃かったですが……

12071303

具は雪平鍋で温められた肉味噌、シュレッドチーズ、豚2切、半玉、醤油漬けのニンニクにおろしタマネギ。
辛さ増量可能とのことでお願いした肉味噌はなかなかに辛い。店内の空調は効いておりますが辛さで汗が噴き出ます。
水で伸ばしたような肉味噌ではなくしっかりと挽肉があり、混ぜるとまさに炸醤麺。
ラー油の辣味といい意外と本格派っぽい味わいです。追加の調味料として渡されたボトル入りのラー油は使わず。
醤油漬けニンニクも辛過ぎず混ぜるのには丁度良い味。おろしタマネギは存在感なかったです^^;

12071306

脂身と赤身の層が折り重なる3枚肉は 温かくフワトロのもの。ジューシーで美味。
炊飯器(!)から取り出されます。このために券売機のライスに×マークが点灯しているのならばやむをえまい

12071304

麺は大~角ふじ、ぽっぽっ屋系の、ぐねぐねとした強い縮れの極太麺。デフォだとゴワゴワとした食感で、個人的には少し苦手なので柔らかめで注文します。いつか生茹でとしか思えない粉っぽさをくらった記憶もあり……(^_^;)
ムチっとした歯触り、柔らかめといっても丁度良いくらいの食感です。この麺ダレるって概念あるのかしら

12071307

モチっとした麺に挽肉とチーズが絡むと、中華風にアレンジされたラザニアかピザのような味わいに……(゚д゚)ウマー

12071308-2

御馳走様でした。残せないというので今回はもやし一欠けらも残しませんでしたよ~^o^
だいぶ味付けが濃く感じたのは、デフォルトだと野菜も麺丼に載るからでしょう……
しかし美味しかった。麺もうちょい増やせないところでしょうか……大400gの設定しかないんですよね。麺も400gあるように思えないという……

メニューも豊富なのでちょくちょく伺ってみようかと思います。 奥の方が食べている濃厚中華そば2がやたら美味しそうだった……キャベツの緑が目に鮮やかでした。


120713(鶏とふじ扉)

冷やし中華も始まってますし(代わりに券売機右上の味噌ふじ麺が廃止)。次は何を頼むか迷うところです。

ラーメン髭@平和島 大盛りチャーシューメン

以前から一度行ってみたいとは思っておりましたが、あまり良くない声も聞こえており躊躇っていたお店。
先日とある方からオススメされたので訪問を決心した次第。

120712(看板)

髭。達筆だなあ。

120712(食券)

店外脇の券売機にて食券を購入。今見返すとなんか禍々しいze……。

入店し、食券をカウンターに置くと髭を蓄えた店主様が確認に来、茹で釜に戻る前に二度見。
眼鏡越しにこちらをじっと見て、
「多いよ~……?」
噂の確認タイムです。ここで制止されて大盛り代金の200円をキャッシュバックされてしまうケースが多いらしく……
「大丈夫です( ^ω^)」多分。
「8人前くらいあるよ~?」
「1kg……2kg、1.5kgはないですよね(にっこり)?」吹かす作戦。2kgなんて出てきたら100%ゲキチソです 
「あ~、1kgちょいくらいかな」
「じゃあOKです!」……多分。
大丈夫だろうと腹を決めてオーダー。 大盛り注文は通されました。えーと、なんかごめんなさい(__)

テボで茹でられた麺が湯切られ、丼に投入される行程が3回。
別茹での釜から平ざるで野菜を掬い、盛る行程が3回+ちょいっと。 

12071201

カウンターから恐る恐る丼を降ろし……決壊。ティッシュでこぼれた部分を拭き拭き…… 


12071202
大盛りチャーシューメン。
コールは多めにお願いします。なのでニンニク多め。
野菜の量は事前申告ですが様子見のデフォ。
オススメされた店でいきなり調整するのもどうかと思ったので油量もデフォ。

野菜はデフォでもかなり盛られますね~……嬉しいやら恐ろしいやら(^^;)
さっそく頂きます。卓上醤油を回しかけもさもさと。茹でたてでしゃっきりアツアツ、とても好みの野菜です。中盛があれば増したい。

5分後。野菜を食べ終えた図(食べかけで若干見苦しいので注意)
久しぶりに破滅の(゚∀゚;)ヨカーン
なかなかえげつない密度で麺が……このサイズの丼にみっちり。

12071203

豚は繊維質の赤身が主体で、さくっと口の中で切れる程良い固さのもの。
大きさは普通ですが味つけも良く、もう少し欲しいな~と思ってしまいます。膨大な麺量に比例しないのがちょっと悲しい^^;

さて、半分ほど食べたか? という段階でも麺の密度が変わるだけでかさはそのまま、ビジュアル的にさほど変化がないので、その時点で思いっきり心が折れそうになります。味の変化もないので若干の飽きもあり……
ですがお腹には余裕があるのでするすると食べ進み。時間がかかりそうだな~とはこの時点で覚悟。

12071205

麺は品川ライクの細めのものですが、手揉み麺のような強い縮れが特徴深い、ピロピロ、プルプルとした麺。
スープを吸って膨らみ、柔らかくはなりますが、 時間が経っても麺自体は活き活きとしており、 驚くほどにコシは失われません。
麺の味と香りもよく、モッチリした食感とするっとした啜り心地もたまりません。いくらでも入りそうに物理的限界がくるまでは感じられます。
二郎系でこの細さの部類の麺ではトップクラスに好みかも。

空席もあるので少し落ち着いて啜ります。麺の啜り易さもあり、不思議と量が入っていきます。
非常に食べやすく、軽い食べ口のものが途轍もない量あるという印象。
胃が膨れていく一方で満腹中枢があまり働かないというのは過去あまり味わったことのない感覚で、自分自身に戸惑ったり……。 
ゆっくり食べていると汗がひいてきました。一度顔の汗を拭き切ってリフレッシュし、再び麺の沼へダイブ。

ここまで多いと流石に味に飽きてきますが、ラーメン自体が美味しいのと卓上の一味で無問題(^^)b
一味は瓶入りで結構辛めのものを入れておられます。良いアクセント。

残り僅かのところでやっと満腹中枢から警報。既にお腹はパンパンです。ウエストがすごいことになってる^^;
急激にキツくなりますが、途中までと違い終わりが見えているので精神的なキツさはなく、よっしゃとばかりにつるつるりと……

12071206

御馳走様でした。野菜を救う気力は流石に残ってませんでした(;´Д`A ```
全体重量ではここ最近ではピカ1の一杯だったかもしれません。食べた直後の胃の重さと膨張感、満腹感がすごい。
でも意外とダメージが後残りしないのもちょっと品川っぽくて好き。消化は良いのでしょうか? 
それにしても美味しかった。量は言うまでもないですが、味の面でもしっかりと満たされました。再訪したい。
オススメありがとうございます<(_ _)>


「御馳走様でした」
「は~いお疲れ様~」
ラーメン食ってお疲れと声かけられるのも珍しい。
退店時改めて御馳走様ですと告げると、ありがとね~と声をかけて下さりました。
巷で言われているほど悪い人ではないと思います……ああいうちょっと不器用(?)な感じの人柄は個人的にはむしろ好き。
不思議なほんわか感がありました。


次回行った時は普通に油そばを食べたいと思います。 油そばも現金200円で大盛にできるという噂がありますが……逝ってミルク?
つくづく中盛が選択肢に欲しい(ノ∀`)
ランキングバナー



にほんブログ村 グルメブログへ

カテゴリー
記事検索
ブックマーク(更新順)
RSSフィード atomフィード

  • ライブドアブログ