べんてんへ行っているうちに再びこちらへの欲求が……
大久保駅で下車し、久しぶりに「翔丸」へ。店舗外観は撮り忘れ^^

塩ラーメンか塩つけ麺、油そばもいい……冷やし油そばって今でもできるのか……
そんなことを考えつつ入店。券売機をざっと見ると、一番右下になんと。

「冷やしミソつけ麺」(麺の量、並・中・大お選びください)(800円)

限定がある……(; ̄Д ̄)
時折やってはいるものの不定期かつ短期。地味にレアです。
「つけ坦々麺」、「和風油そば」と見つけては食べ逃しているのでここは逃したくない! とぽちり。

先客は一名。ビールとつまみネギチャーで一杯やってるところでした^^;お邪魔してすみません
「いらっしゃいませえ」久しぶりに聞くドレッド店主の掛け声……懐かしい。 

オーダー時に大盛り(350g)でとお願いし、作業を見つつ待ちます。
その後もちょくちょくと入ってくるお客。何だかんだで客入りは良いのです。自分も懲りずに来てますしね

提供され、緊張の一瞬。
「写真お撮りしてよろしいでしょうか……(内心ガク((( ;゚Д゚)))ブル)」
「どうぞー」

……今日は機嫌良さげ? でも画像は3枚だけです。

01
冷やしミソつけ麺、大盛。

1209032

浮かんだロックアイスが印象的なつけ汁。ポットから冷たいスープを注ぎ、味噌ダレを割るような形で作られており、キンキンに冷えております。
具は沈んでいて見えませんが、短冊切りのきゅうり、ネギ、海苔、そしてこちらも短冊切りのチャーシューが5~6本。上から魚粉と胡麻がふりかけてあります。

1209033

断面四角の太麺は一見ありきたりですが、そうそうはない美味さです。独特のモチモチ感と啜り心地、麺自体の味も一級品。
水切りだけが若干甘いですが^^;気にならないレベル。ごく私的には「べんてん」より好み。あちらより若干太めでコシを感じやすいからかもしれません。

さて、ちゃちゃっとカメラをしまって^^;頂きます。
とにかく冷たいつけ汁からは動物出汁はあまり感じられず、油分も少な目。鰹主体、魚介が中心の汁です。
胡麻と味噌が全体を支配している味わい。きゅうりも相まってなんとなく郷土料理の「すったて(冷や汁うどん)」を思い出します。
馬鹿美味い! というような一品ではありませんが、暑い夏にはピッタリの清涼感あるメニュー。トッピングの辛し肉みそ、辛しにんにくなんかはすごく合いそう。
まあ既に少しずつ涼しくなりつつありますが^^; この限定も近いうちにはメニューから消えているでしょうね……

一応スープ割を頼んだらごく少量入れて下さりましたが、ぬるくもならずひんやり状態をキープしておりました^^
美味かったのでぐびぐびいきましたが^^

御馳走様でした。ますますレギュラーメニューが食べたくなりました……いや、無論こいつも美味かったですよ?


近いうちにまた来たいなあ……いつ来られるか分からんけど。